FC2ブログ

さくらインターネットレンタルサーバーのライトプランにてPHPを導入

さくらインターネットレンタルサーバーのライトプランにてPHPを導入

さくらインターネットのライトプランではPHPをサポートしていません。
ライトプランは年間1500円(2009年7月現在)という低コストで使用出来ますのでちょこっとサーバーを使いたいとか
初心者にお勧めのプランです。
が、しかし、PHPを使おうと思ったら一つ上のプランである、スタンダードプラン以上の契約をしなくては
いけません。(年間6000円)

これを、なんとかしようということで、いくつかのサイトでさくらインターネットのレンタルサーバーのライトプランに
PHPをインストールする方法がアップされています。

さっそくインストールしてみると見事動きました。
参考になったサイトはこちら
http://mameflag.blog89.fc2.com/blog-entry-324.html

http://www.it-omakase.com/index.php?sakura
上のサイトのがわかりやすかったです。


で、これだと、複数のドメインを使用している場合にはPHPがすべてのファイルに適用されません。
/home/(自分のアカウント)/www
直下にあるHTMLのみしかPHPが使えません。


自分がこれで詰まって困ってたので
マルチドメインを利用していると場合のPHPの設定方法について書いていきたいと思います。
基本は上で紹介しているサイトのを見てもらうとして、省きます。
違う部分はFFFTPやtelnet.cgiにてファイルのコピーや、移動です。
conf.shの設定もです。

今回はPHP-5.2.6をインストールしています。

マルチドメインが
/home/(アカウント)/www/
の直下にある場合を例に書いています。
もし、マルチドメインを使用していないのなら上記のサイトを参考へ
下記の設定では逆に混乱します。


まず、フォルダの作成から
/home/(アカウント)/share/
ではなく
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/share/
の場所にファイルを作ってください。
以下のファイルも同じように
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/share/pear5
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/local
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/php5/
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/php5/pear/
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/php5/pear/cache;
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/bin
/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/cgi-bin


次にPHPのファイルの解凍はそのままでOK


conf.shの記述について


conf.shのファイル内
-----------------------------------------------------
#!/bin/sh

./configure \
--prefix=/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)\
--with-config-file-path=/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/cgi-bin \
--program-suffix=5 \
--with-pear=/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/share/pear5 \
--enable-force-cgi-redirect \
--enable-mbstring=all \
--enable-mbregex \
--enable-mbstr-enc-trans \
--enable-versioning \
--enable-trans-sid \
--with-mysql \
--with-openssl=/usr \
--with-soap=yes \
--with-zlib=/usr \
--with-gd=/usr/local \
--with-jpeg-dir=/usr \
--with-freetype-dir=/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/local \
--with-ttf \
--with-png-dir=/usr \
--with-curl \
--with-iconv=/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/local
-------------------------------------------------------

FFFTPにてconf.shファイルを
/home/(アカウント)/work/php-5.2.6へアップロード



インストール(make install)

次にconf.shをアップした場所へtelnet.cgiにて移動し、conf.shを実行。

telnet.cgiで「/home/(アカウント)/work/php-5.2.6」へ移動し(cd php-5.2.6)、
以下のコマンドを実行。
sh conf.sh
完了したら下記のように表示されます。

-----------------------------
Thank you for using PHP.

Notice: Following unknown configure options were used:

--enable-mbstr-enc-trans
--enable-versioning
--enable-trans-sid
--with-soap=yes

Check './configure --help' for available options
--------------------------------


次に↓を実行

setenv PHP_PEAR_CACHE_DIR /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/php5/pear/cache;

↓を実行
make
成功したら「Build complete.Don't forget to run 'make test'.」と表示されます。

↓を実行
make install
ここまで実行して以下が表示されればほぼPHPはインストール完了です。

--------------------------------
>make install
Installing PHP SAPI module: cgi
Installing PHP CGI binary: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/bin/
Installing PHP CLI binary: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/bin/
Installing PHP CLI man page: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/man/man1/
Installing build environment: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/lib/php/build/
Installing header files: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/include/php/
Installing helper programs: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/bin/
program: phpize5
program: php-config5
Installing man pages: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/man/man1/
page: phpize5.1
page: php-config5.1
Installing PEAR environment: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/share/pear5/
Installing PDO headers: /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/include/php/ext/pdo/
--------------------------------------

最後の仕上げにバイナリファイルのコピーとhtaccessの作成

/home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/cgi-bin/
にphp5.cgiをコピー

cp php-cgi5 /home/(アカウント)/www/(ドメイン名)/cgi-bin/php5.cgi



.htaccess
のファイル名で以下の内容のテキストファイルを作成

Action php5-script /cgi-bin/php5.cgi
AddHandler php5-script .php


既存に「.htaccess」ファイルが存在する場合は消さずに上記の2行を追加記述してください。

尚、FFFTPで転送するとファイル名がhtaccessとかhtaccess.txtとかに変更されるので
アップロード後に「.htaccess」に書き直してください。


以上がマルチドメインのPHPインストール方法です。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク
Web関連サイト
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる